旅しています


by tasuketakame

Tempura meets whitechocolate

気付いたら明日の朝帰るらしいです

今回の旅で受けたものは、もうコトバニデキナイ。(小田和正ってそれは嬉しいんでしょ?なら嬉しいといえば良いのに。自分は何でだか言葉にできないのです。)

旅の後半の一番美味しい5時間だけピックアップするなら書けますが、

書きますか。

食の旅は順調だと言ったでしょう

ついにここまで来てしまいました。(思い返せば今年の元旦は石垣牛の一番美味しい店を1名予約して座敷で1人、でも座敷はオープンで四方八方から家族ずれに凝視されながら頂きました。でも高かったので2皿で2時間の予約が30分で終了、乙w。。それが冬でしょ。春はあれだ、ペルーだ。ペルーは魚介類が美味しくて日系移民の歴史とか現地で学ぶ機会があって、その3世が天婦羅やってるっていうから行ったんだ。それが確か1万くらいだったんだけど、次の日貧民街で20円のディナー取ってそれも良かったなぁ。)

そしてラスベガスで5大陸シェフの1人にお目見えすることができました。

もうそれは、「アナタニ、アエーテ、ホントーニ、ヨカター」と頭に流れました。(コトバニデキナイ。あー、なんかもうニコニコ切りたい。。)

感動して泣き出す観光客もいるらしいですww

会計の金額をみてまた頭に流れてきましたw




が、それはそれで良いのですよ。

ラスベガスはそゆとこなのです。旅で初めて体系だったものを学ぶことができました。『ラスベガス流お金の使い方』。倹約が知らずのうちに良しとされている国の1人として学んでみる価値はあった気がした。

そして次の日は200円のチーズバーガーを食べる。In and outはジャンクフードじゃないよね?

とまあ、そんな単位で色んな事を経験した。と言ってみる。

今日、ヴェニスビーチ(ヒッピーうじゃうじゃ)に1日いて砂浜に座っていたのだが、ジーンと来て泣いてしまった。

というのは嘘で、しかも確かこの感覚はリマ(南米旅行の終着駅)でも石垣島でもあった信用のならない感覚である。

そしてこの快感を得るために、旅人はまた旅をするのである。  と言ってみる。
[PR]
by tasuketakame | 2008-08-14 14:33